メニュー

借金を帳消しにできます

貯金箱

自己破産は借金を帳消しにできる手続きで、専門家に相談することが一般的です。弁護士がいる法律事務所に相談することで、自己破産を成立させるための手続きを代行してもらうことが可能です。依頼には料金を支払う必要があるので、どの程度の費用がかかるか質問することがおすすめです。

詳しく見る

借金をすべて精算

悩む人

自己破産は一定の制限を受ける代わりに借金を帳消しにしてくれる制度です。弁護士などを通さずに手続きすることも不可能ではないですが繁雑な手続きとなるので弁護士などに依頼するのが一般的です。実績豊富な弁護士に頼むようにしましょう。

詳しく見る

成立前に把握するべきこと

説明

デメリットの内容

金融業者などから借金をしていて、返済不能と判断できる状態に陥ると自己破産が適用できる可能性があります。自己破産したときの大きな注意点として、生活に最低限必要だと考えられるお金や家財道具以外の財産が没収される点が挙げられます。没収の対象となった財産は債権者に分配されることになるので、全く財産を保有していない人以外は内容を把握してから自己破産を進めるべきです。保有が許可されている財産は、99万円以下の現金と価値として20万円以下の財産、生活必需品のみとなります。自動車も生活必需品とは判断されないために没収の対象です。どのような財産を保有できるのか、弁護士にあらかじめ相談したほうが無難です。破産宣告を行うと一定の資格や職業は停止となるために、適用対象となる人は破産宣告から免責が認められるまでの期間中は仕事ができなくなります。免責許可が下りることで、資格停止は解除されますので、再び仕事を行うことが可能になります。免責が許可されて自己破産が成立すると、再び借金をしたいと考えても一定期間はローンを組むことができません。自己破産を行った情報は全ての金融業者に連絡されているために、借金の返済を帳消しにした当該金融業者以外にローンの申込みをしても審査におちます。再びローンを組んだり、お金を借りることが難しくなることもデメリットとして知っておく必要があります。1度今までに破産をしたことがある人は、7年以内に再び破産をしようとして裁判所に申立てをしても認められません。前回の免責が確定した日から7年が経過しないと2回目の自己破産ができません。

手続きの種類や費用

お金

自己破産は多重債務者を救済するためのシステムで、裁判所に免責を許可してもらうことで借金を返済しなくても良くなります。どのような理由でも借金が無くなるわけではないので、成立の条件を知ることが重要です。弁護士に依頼すれば、取り立てを止めることが可能です。

詳しく見る

返済の心配がなくなる

男の人と女の人

返済が不可能な借金がある場合、自己破産をすると人生を立て直すことができます。自己破産というと無一文になることと勘違いしている人も多いのですが、実際は当面の生活費だけではなく家財道具なども手元に残るので安心です。弁護士に相談すればスムーズに手続きを終えることができます。

詳しく見る

弁護士に相談しよう

説明

借金が積み重なってしまうとどうにもならないため、そんな時には弁護士に相談してみましょう。良いアドバイスをしてくれるはずです。あまりにも多い場合には、自己破産という形になります。ただし、メリットのみならず、デメリットもあります。

詳しく見る