メニュー

借金をすべて精算

悩む人

必要な準備とは

借金の額が膨らみどうにもならなくなった場合、自己破産が最終手段といえます。自己破産とは一定の制限をかけた上で借金をすべて帳消しにする制度のことです。財産を手放す必要があったり、クレジットカードが作れなかったり、新たな借金ができなかったりといくつかの制限はありますが、借金がない生活になるのはメリットといえるでしょう。自己破産は書類などをきちんとそろえれば自分で行うこともできますが、たいていは弁護士などの専門家に依頼するのがふつうです。準備すべき必要書類は裁判所でもらうものと自分で用意するものがありますが、書類に記入する必要があるものも多く、手間と精神的負担はかなりのものとなります。弁護士費用などはかからないというメリットがありますが、自己破産を依頼する段階になると取り立てなども起こっていることが多く、さらなるストレスをためこむことになってしまいます。そうならないためにも弁護士などの専門家に依頼するのがおすすめです。弁護士に依頼すれば手続きのほとんどは代行してもらえますしわからないところは聞くことができます。取り立ても弁護士を通すことになるので精神的負担も大きく減ります。自己破産の手続き自体は弁護士に任せればたいていは問題なく進みますが、クレジットカード払いにしているものがあったり保証人がいる借金があったりするとスムーズに進まないこともあるので注意しましょう。またそういったことも把握しているような実績豊富な弁護士に頼むのも一つのコツです。