メニュー

返済の心配がなくなる

男の人と女の人

早めの相談が人生を救う

借金の返済日が近づいているのにお金の用意ができないと、どう対処して良いかわからず悩む人がほとんどです。特に大きな額の借金を抱えていると、先行きが不安で仕方がなくなります。収入を増やす努力をしても返済しきれないほどの借金がある場合には、自己破産をすることで人生を立て直すことができます。自己破産というと何もかもなくしてしまうことと勘違いしている人が多いのですが、実際は財産を全て失うわけではありません。当面の生活費を手元に残すことが出来る上、生活に必要な家財道具なども手放さずにすみます。さらに今ある借金の返済義務はなくなるので、返済日が来るたびにお金の用意をする苦労から解放されます。自己破産をするには裁判所に申し立てを行う必要があります。財産がほとんどない人の場合には手続きが比較的簡単ですが、現金を33万円以上持っている人や不動産を所有している人、20万円以上の価値がある財産がある人などは手続きが複雑になります。弁護士に相談した方が手続きをスムーズに行える為、早く借金問題から解放されます。また自己破産をしても借金の原因がギャンブルや浪費の場合には、免責不可事由として借金が帳消しになりませんが、弁護士に依頼すればこういった場合でも免責がおりるように裁判所と交渉してもらうこともできます。借金問題の相談については無料で相談にのってくれる弁護士事務所も多く、メールや電話の相談を受け付けているところもあります。悩んでいるよりも、早めに相談した方が問題を速やかに解決できます。